一度の些細なミスを教訓に
スキルアップを図る。

02行徳 真名
加工材料部/機能素材部 (兼務)
2015年入社
商学部卒業

当社を選んだ理由、入社までの経緯を教えてください。

私は欲張りなのでしょうか。就職活動の際の会社選びの基準は、商学部に在籍していたこともあり、商社系の事務職で、地元である福岡で働けること、そして、女性が働きやすく、福利厚生が充実した信頼できる企業であることでした。この厳しい(笑)、3条件に合致したのが当社でした。早速、会社説明会に出席してみたら男女を問わず社員の方々が皆明るく、活き活きとされていて、職場の環境も良さそうだったのでエントリーしました。そして、最後に決め手となったのが2次面接で直接社長にお会いできたこと。失礼ながらとても社長とは思えないほど気さくな方で、仕事の話はそこそこに雑談に夢中になってしまい後悔していたところ、内定をいただきました。

現在、担当している業務について聞かせください。

入社以来、加工材料部と機能素材部を兼務し、両部の受発注業務や在庫・納期管理などに携わっています。担当しているお客様は約100社、仕入先のメーカーは50社を超え、取り扱う品目に至っては膨大な点数になります。また、意外に重要なのが納期の管理。当たり前のことですが、お客様は「早く、安く」を希望されますが、「早く」を追求すればデリバリーコストが増大します。そこで、お客様のご都合に応じて、最適な輸送手段を提案するのも大事な業務のひとつです。

これまでの仕事上で印象的なエピソードはありますか?

お恥ずかしい話ですが、失敗談になります。通常、受発注業務は品番で管理しているのですが、新人の頃、お客様から受注した品をメーカーに発注する際、うっかりタイプミスをしてしまい、お客様に受注とは異なる品番の品を納品してしまったことがありました。幸いにも誤納品したのは、お客様が利用されている品であったことや、営業のフォローもあり、事なきを得たのですが、それ以降は複雑な品番である場合や、取引実績がない品番を受注した場合などは、必ずお客様に再確認するように心掛けています。私にとってよい教訓となりました。

今後の夢や目標は?

個人的なことですが、最近、入社以来の目標であった一人暮らしをはじめました。通勤も一層楽になった上、住宅補助手当ても活用させていただき、あとは仕事に集中するだけです(笑)。肝心の仕事の目標ですが、お客様の業務内容や取引している製品の用途・特徴、取引実績など、幅広い知識を得ることです。そうすれば、受発注ミスも防げるだけではなく、お客様の信頼も得られるはず。また、お客様との取引過程・傾向を熟知することで、特定の品の在庫が少なくなってきたタイミングを考慮して受注を得ることもできるはずです。そんな営業力も兼ね備えた事務職を目指したいと思っています。

これから入社する人へメッセージをお願いします。

当社は、20歳代から30歳代前半の若手社員が年代を問わず周囲と相談しやすい環境にあります。部門を超えた若手の情報交換も盛んで、職場には活気が漲っています。
各種保険や福利厚生制度も充実しており、安心して働ける環境で、自分の力を存分に発揮できる会社であることを誇りに思っています。