世界を席巻する九州発の製品づくりに
貢献したい。

01尾村 武司
加工材料部
2014年入社
工学部卒業

当社を選んだ理由、入社までの経緯を教えてください。

学生時代は工学部で化学を専攻し、排気ガス浄化触媒の研究に携わっていました。
しかし、就職を考えはじめた頃、幅広い化学の知識でより多くのお客様の問題解決をするような仕事で貢献したいと思い、化学系専門商社を目指すようになりました。中でも当社は、地元・九州の企業であると同時に、商社でありながらグループ内に研究開発やメーカー的な機能も兼ね備えているため、私にとって最適な職場だと考え入社を決意しました。

現在、担当している業務について聞かせください。

加工材料部で樹脂原料の販売に携わっています。取り扱っている商材はエンプラ、スーパーエンプラと呼ばれる一般のプラスチックよりも耐熱性や強度などに優れた高機能樹脂です。これらを金属の代替材料などとして活用するメリットを電機メーカーや住宅建材メーカーなどのお客様に訴求し、その具体的なプランを提案するのが私の主なミッションです。そのため、販促活動と情報収集を兼ねて、九州全域にお客様や関係先を訪ね歩いています。自らの足で集めた最前線の情報をビジネスに活用する方法を常に考えています。

これまでの仕事上で印象的なエピソードはありますか?

あるメーカーから新しい素材について相談を受けました。通常、提案の際には、お客様のニーズを満たす案に加え、今後想定されるニーズを先取りした推奨案など、2~3案を提示するようにしています。この時は私が推奨する案が採用され、お客様からは「こんなに素晴らしい素材を提案してくれてありがとう」とのお言葉をいただき、感激しました。自分が提案した品が採用された製品が、市場で受け入れられている光景を目の当たりにすると、とてもうれしくなると同時に、やりがいを感じます。

今後の夢や目標は?

私たちの活動を通じて、お客様と共に地元・九州全体の地場産業を活気づけることです。
そして、九州発の画期的な製品が世界の市場を席巻する、そんなお手伝いをしたいと思っています。そのためには、どんな努力も厭わないつもりです。

これから入社する人へメッセージをお願いします。

当社は、20歳代から30歳代前半の若手社員が年代を問わず周囲と相談しやすい環境にあります。部門を超えた若手の情報交換も盛んで、職場には活気が漲っています。
各種保険や福利厚生制度も充実しており、安心して働ける環境で、自分の力を存分に発揮できる会社であることを誇りに思っています。